>> お金のブログも運営しています <<

トゥルースカルプiDとクールスカルプティングはどっちがいい?違いを紹介

  • URLをコピーしました!
わたし

ブログをご覧いただきありがとうございます!
投資でお金を増やして美容に再投資しているアラサー事務職OLです。

先日、湘南美容クリニックトゥルースカルプiDの施術を受けてきました!

その際、トゥルースカルプiDにするかクールスカルプティングにするか、違いがわからずにめちゃくちゃ悩んだんですよね…

というわけで、この記事ではトゥルースカルプiDとクールスカルプティングのどちらを選ぶか悩んでいる方に向けて、それぞれの施術の特徴を紹介します!

結論からお伝えすると、施術箇所によって向き不向きが分かれますし値段も変わってくるので、まずはカウンセリングで相談してから決めるのがベストです。

私が施術した湘南美容クリニックでは、トゥルースカルプiDとクールスカルプティング両方の取り扱いがあり、無料でカウンセリングを受けることができます。

カウンセリング予約は公式サイトからどうぞ↓

\ SBC湘南美容クリニックの /

動画でサクッと知りたい方は、下記の動画をご覧ください。

トゥルスカとクルスカの違いが詳しく紹介されています。

ちなみに、湘南美容クリニックの公式サイトや動画ではイケメンの若い男の先生がよく紹介されていますが、実際にカウンセリングに行くと、診察は女の先生が担当してくださることが多いです。
イケメンの先生目当てだとがっかりするかもしれませんが、個人的にはイケメンに汚肌を見せるのはちょっと恥ずかしいので女医さんの方が嬉しいw
希望の先生がいる場合は、予約時に指名することもできるみたいです。

目次

トゥルースカルプiD(トゥルスカ)とは

トゥルースカルプiDは、RF(ラジオ波)を使用した「皮膚を傷つけずに脂肪細胞にダメージを与える」痩身施術。

脂肪細胞のみを加熱して破壊し、破壊した脂肪細胞が時間とともに体外へ排出されることで、脂肪そのものを減少させます。

背中に電極板を貼り、脂肪を破壊したい部分に機械をあてて加熱していきます。

痛み・ダウンタイム

痛みやダウンタイムはほぼありません。

照射時に若干温かさを感じる程度で、照射後2~3時間は吸収が良くなるため食事禁止です。

施術時間

施術時間は最短5分。

あご下の場合や照射箇所が多い場合は5分ずつプラスされていきますが、長くても15分~20分程度です。

クールスカルプティング(クルスカ)とは

クールスカルプティングは、脂肪組織が他の組織よりも低温に弱いという性質を利用し、脂肪を凍らせて脂肪細胞を除去する痩身施術。

脂肪細胞のみを冷却して破壊し、破壊した脂肪細胞が時間とともに体外へ排出されることで、脂肪そのものを減少させます。

照射部分に凍傷を防止するためのゲルシートを貼り、脂肪を破壊したい部分に機械を装着して冷却します。

痛み・ダウンタイム

痛みとダウンタイムをともないます。

照射中は吸引されている感じや冷たさを感じる程度ですが、照射後に照射部分をマッサージする時に痛みがあります。

また、照射後~1週間程度あざが残ってしまうことがあります。

施術時間

施術時間は35分~75分。

あご下など機械が外れやすい箇所の場合、エラーが起きた場合は後日再施術になることもあるそうです。

クールスカルプティング(クルスカ)との違い

トゥルースカルプiDクールスカルプティング
脂肪細胞の破壊方法加熱冷却
脂肪減少効果約24%約20%
時間1か所5分1か所45分
痛みなしなし
ただし45分間ほぼ顔を動かせないので、なかなか辛い
ダウンタイムなし~1週間程度
価格1エリア35,000円~1エリア29,800円~
あご下価格35,000円59,600円~
※超小顔の場合は29,800円でできる可能性あり
詳細を見る詳細を見る
湘南美容クリニックの比較表

トゥルースカルプiDクールスカルプティングはよく似ていますが、どちらかというとクルスカの方が知名度が高いです。

クルスカを導入しているクリニックの方が圧倒的に多いですしね。

大きな違いは、トゥルースカルプiDが加熱して脂肪細胞を破壊するのに対し、クールスカルプティングは冷却して脂肪細胞を破壊するという点。

その他にも、痛みやダウンタイム、施術時間なども異なっています。

クルスカは35分~75分間動いてはいけない

クルスカはマシンを吸いつけて装着するという特性上、施術中に外れてエラーが起きてしまいやすいんだそう。

特にあご下は外れやすさNo.1!

実際に外れるケースが頻繁にあるわけではないとのことでしたが、顎下の場合は唾をのみ込むのすら手で支えながら行う必要があるほど、微動だにしてはいけない施術なんだそうです。

わたし

トゥルースカルプiDあご下の5分でもしんどかったので、クルスカはむちゃ辛そうでした

参照:湘南美容クリニック公式サイト

クルスカ中はスマホを見ながら過ごせますが、スマホを見ると頭が下がってきてマシンが外れやすいそう。

エラーが起きると24時間以上空けて再施術になったり、残り時間が少ない場合はそのまま終了になったりしてしまうそうです。

一方、トゥルスカはマシンを貼り付けたり押し当てて照射するので、エラーが起きることはなし。

照射時間も5分~15分程度と、かなり短時間で済みます。

クルスカはダウンタイムがある

クルスカの場合、吸引しながらマシンを装着するため、施術箇所に内出血てあざができてしまいます。

ダウンタイムは~1週間ほど。

一方、トゥルースカルプiDにはダウンタイムがありません。

照射後2~3時間は食事を控えるという制限は付きますが、あざができるような見た目の変化はないので、目立つ部分への照射でもダウンタイムを気にせず受けることができます。

クルスカもトゥルスカも部位によって料金が変わる

湘南美容クリニックの場合、1か所当たりの値段はクルスカは29,800円、トゥルースカルプはiD35,000円とクルスカの方が安いのですが…実は落とし穴が!

同じ部位でも施術方法によってはエリアの計算方法が異なるため、部位によって安い施術が変わってくるんです。

たとえば、あご下の場合、トゥルスカだと1エリア計算のため35,000円で済みますが、クルスカだと2~3か所計算になり最低でも59,600円~になってしまいます。

つまり、あご下はトゥルスカの方が半額近く安いということ!

わたし

クルスカもあご下は1か所だと思っていたから、2~3か所計算になるのは想定外でした…

また、トゥルスカの場合はエリアが増えるごとに1エリアごとの単価が安くなります。

実際に何エリア必要になるのかは個人差があるため、無料カウンセリングで測ってもらうのが1番確実です。

無料カウンセリングでは、実際のアプリケーター(マシンのヘッド)を使ってエリア数を測り、見積を出してもらえます。

\ SBC湘南美容クリニックの /

トゥルースカルプiDとクールスカルプティングの違いまとめ

この記事のまとめ
  • トゥルースカルプiDもクールスカルプティングも、脂肪細胞を破壊する痩身マシン
  • トゥルースカルプiDは加熱、クールスカルプティングは冷却して、脂肪細胞を破壊する
  • クルスカの方が施術時間が長い
  • クルスカは痛みとダウンタイムがある
  • 料金は照射箇所や個人によって変わる

以上、トゥルースカルプiDとクールスカルプティングの違いまとめでした。

痩せたい部位や個人差によって、どちらが向いているかやどちらが安いかは変わってきます。

特に料金に関しては、実際に測ってみないとわからないので、まずは無料カウンセリングで見積もりを出してもらってからゆっくり検討しましょう。

私がトゥルスカの施術を受けた湘南美容クリニックは勧誘がなく、見積をもらうだけで帰っても嫌な雰囲気になることはないので、気軽に相談することができます。

無料カウンセリングは公式サイトから簡単に予約できます。

土日祝、特に午前中は人気で枠が埋まりやすいので、土日祝にカウンセリングを受けたい場合は、早めに予約だけ入れておくのがオススメです↓

\ SBC湘南美容クリニックの /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次